kodawari

うどんへのこだわり

麺へのこだわり

「吉原食糧」

小麦粉と小麦
明治35年創業。坂出市で讃岐うどん用の小麦粉を生産。全国の繁盛店で支持され、小麦粉製品を次々に開発・販売。

さぬきうどんの美味しさは明るく冴えた色調、なめらかさ、食感、旨みと風味の4つの特性から成るという考えのもと、それが「生きているうどん」の基本の姿であり最高の姿を求め続けている。

当店の粉は、地元香川県の繁盛店で支持されている「白鳳」を使用。
黄白色の冴えた色調、絹のようななめらかさ、もちもち感、中心部は適度な弾力というダイナミックな食感の粉。

醤油へのこだわり

「鎌田醤油」

 寛政元年創業。醤油を原料とした「だし・つゆ」の開発。薄口醤油が強み。
 
 

「正田醤油」

 明治6年創業。皇后美智子様のご実家のお醤油。濃口が強み。

 メニューによって醤油を変え、それぞれの麺をより美味しく引き出している。

出汁へのこだわり

「福島鰹」

鰹節
大正11年創業。京都で削り節として広めていく。日本独自の繊細な味わい。その旨み、風味、香りの全てを守り、何よりも素材選びにこだわる。常に最上の素材を求め、吟味を重ねることが「食」の原点であると考え、だしの品質、味へのこだわりを守り続けていく。

当店の出汁は全て福島鰹でブレンドされた鰹節、いりこを使用し、昆布は利尻昆布を使用しています。

 

「福島鰹」のだし削り節

削り節には「鰹」以外にも様々な種類があります。それぞれの節が特徴を持っていて、香りをつけたい、コクを出したい、など目的に応じて使われます。福島鰹では長年の経験と時代による味の変化を見ながら独自のブレンドをすることによって、相乗効果でさらに味の深みが増す「ブレンド削り節」を商品として作り上げています。

 
福島鰹のこだわり
 
 

「福島鰹」の昆布

古くから関西で出汁と言えば昆布。魚や動物性食品との相性が良く、特にかつお節と合わせることによる美味しさの相乗効果によって幅広く用いられています。福島鰹は、変化する自然環境を見据え、常に最上の昆布を選別仕入、倉庫で熟成させた上、昆布の持つ気品に満ちた風味を皆様にお届けしています。

昆布のこだわり